大野病院事件、被告医師に無罪判決

  • 2008/08/20(水) 19:58:07

大野病院事件、被告医師に無罪判決

福島県立大野病院で、帝王切開手術を受けた女性が2004年12月に
死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた
加藤克彦被告(40)に対する判決公判が8月20日、
福島地裁で開かれ、鈴木信行裁判長は無罪判決を言い渡した。
今年3月の論告求刑公判で検察側は、禁固1年、罰金10万円を
求刑していた。

「大野病院事件」をめぐる動き

判決によると、加藤被告は04年12月に女性の帝王切開手術を執刀。
その際、子宮と胎盤が癒着しており、加藤被告が胎盤をはがした
ところ、女性は大量出血し、死亡した。

鈴木裁判長は、女性の死亡が出血性ショックによる失血死である
と認定。
また、癒着を無理にはがせば大量出血やショックを引き起こし、
母体死亡の原因になり得ると加藤被告の所有する医学書に
記載されていることから、「剥離を継続すれば剥離面から
大量出血し、女性の生命に及ぶ恐れがあると予見する可能性は
あったと解するのが妥当」とした。

ただ、大量出血を防ぐため、癒着を認めた時点で剥離を中止し、
子宮摘出手術に移行すべきだったとする検察側の主張には、
こうした医学的準則が「一般性や有用性を具備したものとまでは
認められない」とし、胎盤剥離を中止する義務が加藤被告に
あったとは認められないと結論付けた。

さらに、診療を受けている当該疾病で患者が死亡した場合は、
医師法21条のいう異状の要件を欠くとし、
医師法違反の罪も成立しないとした。


更新:2008/08/20 10:05   キャリアブレイン
https://www.cabrain.net/news/article.do?newsId=17723&
freeWordSave=1


事件が起こってから2年と6ヶ月、関係者のみならず、全ての
医療従事者の心に重く重くのしかかっていた灰色の霧が、
ようやく晴れそうな気配が見えてきました。

殺そうと思っていたのであれば話は別ですが、
過酷な状況下で、それでも命を救おうと精一杯努力した結果が
「逮捕」「訴訟」
ならば、あまりにも悲しすぎます。
今回の判決を下した福島地裁には拍手を送りたいと思います。

そして、遺族の方々にも哀悼の意を表したいと思います。

亡くなられたことの悲しみや心の傷が、ゆっくりでも少しずつでも
癒えていくことをお祈りしています。

また、医療の現場には
「回避しがたい死」
が存在すると言う事実、これもすぐには受け入れられないとは
思いますが、少しずつでも理解を示して頂ければ幸いです。


今後心配なのは
「控訴」
ですが、遺族の方々や検察の方々に良心があるならば、
きっと実現することはないと信じています。


ところで、今回の事件については、マスコミや検察・警察など
からのコメントはないのでしょうか?

不十分な知識に基づいた不適切な形での報道・不必要な逮捕など
により世間を混乱させ、医療現場を萎縮させ、医療崩壊の一翼を
担ったことへの責任は重大と考えます。

一医師をここまで徹底的に叩く以上は、それ相応の会見を開いて
謝罪なりを行うのが、筋だと思いますがね…。

NST回診080815

  • 2008/08/15(金) 23:10:50

回診予定患者は05名。
うち新規は01名で飛び込み。

新規Yさん 91歳女性。
 右大腿部頚部骨折。
 TEE:1329kcal。
 投与カロリー:1835kcal。
 欠食。
 フルカリック3号 ×1、50%ブドウ糖 200mL×1、
 10%イントラリポス 250mL×1。
 術後より状態悪くTPN開始されており、絶食期間が持続
 しているとのこと。
 主治医より胃ろうの話も出ていたようだが、現在の状態では
 メリットを見出しにくいため、当面経鼻経管栄養での対応を
 リコメンド。
 経鼻胃管挿入後、GFO1パックとラコール 100mL程度を
 非常にゆっくり投与することもリコメンド。
 また、イントラリポス投与時に静脈炎が頻発するとの看護師
 の相談には、4時間程度に速度を落としてみることを
 リコメンド。

Fさん 87歳女性。今回終了。
 右大腿骨頚部骨折。
 TEE:1005kcal。
 投与カロリー:1230kcal。
 軟飯食軟菜ハーフ。一口切り。テルミールミニ ×1、
 輸液投与なし。
 経口摂取は安定して来ているとのことなので、テルミールミニ
 をそろそろ中止してみることをリコメンド。
 まもなく自宅退院予定とのことなので、今回で回診終了。
 
Iさん 47歳女性。
 急性硬膜下血腫。
 TEE:1622kcal。
 投与カロリー:1006kcal。
 軟飯食 1日1回昼、5分粥食 1日1回夕。
 輸液投与なし。
 頭蓋形成術施行し、シャントも問題ないとのこと。
 PEG施行済みだが、経口摂取量がかなり良好となっており、
 言語聴覚士からも1日3食・主食普通盛でも問題なさそうとの
 コメント があったので、その旨をリコメンド。
 
S2さん 71歳男性。
 慢性硬膜下血種。
 TEE:1774kcal。
 投与カロリー:1050kcal。
 糖尿病1600kcal 1日2回朝昼、
 5分粥食小盛軟飯・あら刻み・一口切り 1日1回夕。
 輸液投与なし。
 経口摂取に関しては、主食は良好なものの、副食にムラがある
 とのこと。
 全身状態・血糖値も少しは落ち着いて来ているとのこと。
 現在の状態で目標カロリーを1500kcal程度とすることを
 リコメンド。
 また、糖尿病食の塩分制限のためか食事摂取量の伸びが少ない
 ことから、軟菜食・小盛軟飯へ変更し、とりあえずは摂取量を
 アップさせることもリコメンド。
 血糖値上昇が予想されるので、インスリン量調整もリコメンド。
 
Tさん 75歳女性。今回終了。
 摂食障害。
 TEE:1072kcal。
 投与カロリー:900kcal。
 メディエフ 900mL 1日3分割。
 輸液投与なし。
 全身状態は安定しており、特に問題ないとのこと。
 間もなく転院予定とのことなので、今回で回診終了。

NST回診080808

  • 2008/08/08(金) 23:04:02

回診予定患者は07名。
うち新規は01名。

今日はNSTドクターが急患対応で不在のため、僕が進行役。

Y2さん 82歳男性。今回終了。
 仙骨部感染褥創。
 TEE:1128kcal。
 投与カロリー:2172kcal。
 5分粥食。全粥刻み。ポチプラス ×1。
 輸液投与なし。
 2日前に転院されたとのことで、今回で回診終了。
 カロリーオーバーだったのだが、結局最後まで太ることは
 なかったのが気になるところ。

Sさん 88歳女性。今回終了。
 右下腿挫滅創・右踵骨骨折。
 TEE:1126kcal。
 投与カロリー:1570kcal。
 5分粥食小盛全粥。刻み。
 輸液投与なし。
 入れ歯調整により経口摂取は改善傾向にあり、カロリー充足率
 も十分なレベル。
 前回のコメントを受けてとろみを中止したところ、本人も
 食べやすくなり、カロリーアップにつながった様子。
 目標カロリーが維持出来ているので、今回で回診終了。
 
Rさん 56歳男性。今回終了。
 頚髄損傷。
 TEE:1751kcal。
 投与カロリー:1683kcal。
 常食・一口切り。。
 輸液投与なし。
 昨日転院されたとのことで、今回で回診終了。
 最近はほぼ介助なしで経口摂取可能となっており、全て常食・
 一口切りなどへの変更後も問題なかったとのこと。
  
Fさん 87歳女性。
 右大腿骨頚部骨折。
 TEE:1105kcal。
 投与カロリー:1147kcal。
 軟飯食軟菜ハーフ。一口切り。テルミールミニ ×1、
 輸液投与なし。
 倦怠感の訴えがあるものの、経口摂取は悪化していないとの
 ことなので、経過観察。
 BUNの上昇傾向が見られたので、水分摂取をリコメンド。
 
Iさん 47歳女性。
 急性硬膜下血腫。
 TEE:1487kcal。
 投与カロリー:1243kcal。
 ラコール 1000mL 1日3分割。
 軟飯食 1日1回昼。
 輸液投与なし。
 頭蓋形成術施行し、シャントも問題ないとのこと。
 PEG施行・ラコール注入開始済みであるが、特にトラブルは
 ないとのこと。
 現在昼のみ軟飯食となっているが、最近経口摂取量がかなり
 アップして来ているとのこと。
 言語聴覚士からも増やしても問題なさそうとのコメントが
 あったので、まずは軟飯食を1日2回とし、ラコールも1日3Pへ
 減量してみることをリコメンド。
 問題なさそうならば1日3回とし、ラコールを頓服へ変更して
 みることもリコメンド。
 
Hさん 85歳女性。今回終了。
 認知症・摂食障害。
 TEE:1113kcal。
 投与カロリー:900kcal。
 メディエフ 900mL 1日3分割。
 輸液投与なし。
 PEG施行・メディエフ注入開始済みであるが、今のところ
 特にトラブルはないとのこと。
 週明けに転院予定とのことで、今回で回診終了。
 「簡易懸濁法」についても、トラブルはなかったとのこと。
 とりあえず一安心。
 
新規S2さん 71歳男性。今回新規。
 慢性硬膜下血種。
 TEE:1733kcal。
 投与カロリー:933kcal。
 5分粥食主食全粥。一口切り。
 経口摂取は良好なものの、動作に積極性がなく、ほとんど全て
 に介助を要する状態とのこと。
 糖尿病を数年放置していたとのことで、現在もかなりの高血糖
 が持続しており、BUN・CREもかなりの高値であることから、
 高血糖性脱水の可能性を考慮し、脱水補正とインスリン増量を
 リコメンド。
 食事に関しては介助を考慮し、5分粥食に糖尿病食を併用する
 ことをリコメンド。
 体重も定期的に実測することもリコメンド。
 後日NSTドクターと相談してもらうこととした。 

Tさん 75歳女性。今回対象外(前回記録のまま)。
 摂食障害。
 TEE:1072kcal。
 投与カロリー:900kcal。
 メディエフ 900mL 1日3分割。
 輸液投与なし。
 メディエフ注入に関しては、37℃台の微熱はあるものの、
 特にトラブルはないとのこと。
 微熱についても原因はメディエフと関係ないようなので、
 経過観察。
 BUN上昇などが見られ、脱水傾向が疑われることから、
 水分量アップをリコメンド。
 今回から2週に1回の回診で対応。


やっぱりドクターがいてくれないと、しまらないですね…。
はっきりと自信を持ってリコメンド出来ないのがツライ…。
まだまだ修行が必要です。

NST回診080801

  • 2008/08/01(金) 23:06:13

回診予定患者は07名。
うち新規は01名。

Y2さん 82歳男性。今回対象外(前回記録のまま)。
 仙骨部感染褥創。
 TEE:1128kcal。
 投与カロリー:2066kcal。
 5分粥食。刻み。
 輸液投与なし。
 下痢については、ビオフェルミンにより改善したとのこと。
 整腸剤投与をリコメンド。
 ポチプラス・プロマックDの投与により褥創治癒も少しずつ
 進んで来ているとのことで、経過観察。
 カロリー充足率は十分過ぎるレベルにもかかわらず、肥満が
 見られないのが気になる点。
 栄養面では問題ないことから、2週に1回の回診で対応。

Sさん 88歳女性。今回対象外(前回記録のまま)。
 右下腿挫滅創・右踵骨骨折。
 TEE:1129kcal。
 投与カロリー:1453kcal。
 5分粥食小盛全粥。刻みとろみ。
 輸液投与なし。
 入れ歯調整により経口摂取は改善傾向にあり、カロリー充足率
 も十分なレベル。
 創部浸出液が持続するため、注意しておくことをリコメンド。
 とろみについては、嚥下には特に問題なく、本人から拒否
 されたこともあり、中止をリコメンド。
 2週に1回の回診で対応。
 
Rさん 56歳男性。
 頚髄損傷。
 TEE:1751kcal。
 投与カロリー:1533kcal。
 常食・夕のみ5分粥食。
 輸液投与なし。
 最近はほぼ介助なしで経口摂取可能となっているとのこと。
 もはや5分粥の必要性はないと考えられることから、全て常食
 とし、一口切りなどへの変更をリコメンド。
 2週に1回の回診で対応。
  
Fさん 87歳女性。
 右大腿骨頚部骨折。
 TEE:1105kcal。
 投与カロリー:1147kcal。
 軟飯食軟菜ハーフ。一口切り。テルミールミニ ×1、
 輸液投与なし。
 倦怠感の訴えがあるものの、経口摂取は悪化していないとの
 ことなので、経過観察。

F2さん 90歳女性。今回終了。
 両下肢不全麻痺・第12胸椎陳旧性圧迫骨折。
 TEE:1077kcal。
 投与カロリー:1341kcal。
 低残渣・低脂肪食。 ポチプラス ×1。
 ソリューゲンG 500mL×1、ポタコールR 500mL×1。
 憩室出血は落ち着き、本人の希望もあり、経口摂取開始と
 なっており、トラブルはなかったとのこと。
 3日前に転院されたとのことで、今回で回診終了。
 
S2さん 82歳男性。今回終了。
 肺炎。
 TEE:1130kcal。
 投与カロリー:1305kcal。
 欠食。
 フルカリック2号 ×1、ビーフリード 500mL×1、
 10%イントラリポス 250mL ×1。
 現在TPNでのカロリー充足率は問題ないレベル。
 本日転院されたとのことで、今回で回診終了。
 
Iさん 47歳女性。
 急性硬膜下血腫。
 TEE:1487kcal。
 投与カロリー:720kcal。
 メディエフ 200mL 1日2分割。
 本日よりラコール開始予定。
 輸液投与なし。
 頭蓋形成術施行し、シャントも問題ないとのこと。
 3日前PEG施行し、メディエフ注入開始済みであるが、特に
 トラブルはないとのこと。
 訓練食の運用の関係で、今後しばらくはラコールで対応する
 ことをリコメンド。
 
新規Hさん 85歳女性。今回新規。
 認知症・摂食障害。
 TEE:1113kcal。
 投与カロリー:720kcal。
 メディエフ 200mL 1日2分割。
 輸液投与なし。
 3日前PEG施行し、メディエフ注入開始済みであるが、特に
 トラブルはないとのこと。
 当院初の「簡易懸濁法」試行患者であるので、トラブルに
 ついては、逐一薬剤師へ報告することをリコメンド。
 
Tさん 75歳女性。
 摂食障害。
 TEE:1072kcal。
 投与カロリー:900kcal。
 メディエフ 900mL 1日3分割。
 輸液投与なし。
 メディエフ注入に関しては、37℃台の微熱はあるものの、
 特にトラブルはないとのこと。
 微熱についても原因はメディエフと関係ないようなので、
 経過観察。
 BUN上昇などが見られ、脱水傾向が疑われることから、
 水分量アップをリコメンド。
 今回から2週に1回の回診で対応。

NST回診080725

  • 2008/07/25(金) 23:07:54

回診予定患者は09名。
うち新規は01名。

今回はNSTドクター不在のため、カンファレンスのみ。

Y2さん 82歳男性。
 仙骨部感染褥創。
 TEE:1128kcal。
 投与カロリー:2066kcal。
 5分粥食。刻み。
 輸液投与なし。
 下痢については、ビオフェルミンにより改善したとのこと。
 整腸剤投与をリコメンド。
 ポチプラス・プロマックDの投与により褥創治癒も少しずつ
 進んで来ているとのことで、経過観察。
 カロリー充足率は十分過ぎるレベルにもかかわらず、肥満が
 見られないのが気になる点。
 栄養面では問題ないことから、2週に1回の回診で対応。

Kさん 97歳女性。今回終了。
 左大腿骨転子部骨折。
 TEE:934kcal。
 投与カロリー:1380kcal。
 常食小盛軟飯。刻み。
 輸液投与なし。
 経口摂取は安定し、カロリー充足率も問題ないレベル。
 間もなく自宅退院とのことで、今回で回診終了。
 
新規Yさん 91歳女性。今回新規。
 右大腿骨頸部骨折。
 TEE:975kcal。
 投与カロリー:920kcal。
 欠食。
 フルカリック2号 ×1・アクチット 500mL ×1。
 全身状態急変のため、回診終了。
 
Sさん 88歳女性。
 右下腿挫滅創・右踵骨骨折。
 TEE:1129kcal。
 投与カロリー:1453kcal。
 5分粥食小盛全粥。刻みとろみ。
 輸液投与なし。
 入れ歯調整により経口摂取は改善傾向にあり、カロリー充足率
 も十分なレベル。
 創部浸出液が持続するため、注意しておくことをリコメンド。
 とろみについては、嚥下には特に問題なく、本人から拒否
 されたこともあり、中止をリコメンド。
 2週に1回の回診で対応。
 
Rさん 56歳男性。今回対象外(前回記録のまま)。
 頚髄損傷。
 TEE:1751kcal。
 投与カロリー:1341kcal。
 常食・夕のみ5分粥食。一口切り。
 輸液投与なし。
 看護師の食事オーダ入力の努力により、常食が可能となり、
 経口摂取は更に改善傾向が見られているとのこと。
 転院の方向でケースカンファレンス施行予定とのことであり、
 状態も安定して来たので、今回から2週に1回の回診で対応。
 AST・ALTなどの上昇傾向が見られているので、注意して
 おくことをリコメンド。
  
Fさん 87歳女性。
 右大腿骨頚部骨折。
 TEE:1105kcal。
 投与カロリー:1211kcal。
 軟飯食軟菜ハーフ。一口切り。テルミールミニ ×1、
 ポチプラス ×1。
 輸液投与なし。
 入れ歯の調整が進み、経口摂取もアップしているとのこと。
 食種や形態を今以上にアップすればポチプラスなどの中止も
 可能だが、とりあえず現状維持をリコメンド。

F2さん 90歳女性。
 両下肢不全麻痺・第12胸椎陳旧性圧迫骨折。
 TEE:1175kcal。
 投与カロリー:286kcal。
 欠食。
 ソリューゲンG 500mL×1、ソルデム3A 500mL×1、
 ポタコールR 500mL×1。
 憩室からの出血があり、現在欠食となっているとのこと。
 来週転院予定とのことだが、経口摂取が再開不可能ならば、
 せめて輸液内容をビーフリード 500mL×1・イントラリポス
  250mL×1 程度へアップすることをリコメンド。
 心不全の既往もあることから、水分出納なども考慮しておく
 ことをリコメンド。
 
S2さん 82歳男性。
 肺炎。
 TEE:1043kcal。
 投与カロリー:1305kcal。
 欠食。
 フルカリック2号 ×1、ビーフリード 500mL×1、
 10%イントラリポス 250mL ×1。
 現在TPNでのカロリー充足率は問題ないレベル。
 タール便が時折見られるものの、全身状態は安定とのこと
 なので、経過観察。
 イントラリポスはゆっくり投与しているとのこと。

Iさん 47歳女性。
 急性硬膜下血腫。
 TEE:1487kcal。
 投与カロリー:675kcal。
 メディエフ 600mL 1日2分割。
 軟菜ハーフ食。
 輸液投与なし。
 頭蓋形成術施行し、シャントも問題ないとのこと。
 食事形態を変更しても経口摂取量がアップしないとのこと。
 来週PEG施行予定となったとのことなので、施行後に
 経腸栄養メニューを検討していくことをリコメンド。
 
Tさん 75歳女性。
 摂食障害。
 TEE:1072kcal。
 投与カロリー:900kcal。
 メディエフ 900mL 1日3分割。
 輸液投与なし。
 メディエフ注入に関しては、37℃台の微熱はあるものの、
 下痢も嘔吐もなく、特に問題ないとのこと。
 CTなどで膀胱癌の疑いも出て来たとのことだが、ドクター
 不在で対応困難なので、次回以降に持ち越しとした。